ブラックでも借りれるキャッシング業者比較

延滞、自己破産、債務整理、代位弁済などでブラックリスト入りしても借りれる借りれるキャッシング業者を比較してみます

ブラックでもキャッシングで借りれる中小の消費者金融があります。
なかなかブラックになってしまうと新たにキャッシングを受けることが難しくなってしまいますが、全部の消費者金融でキャッシングを断られてしまうわけではありません。ブラックには融資しない業者もありますが、審査の上でブラックであっても貸し付けしてくれる業者もあります。

審査の際には申込者の個人情報を元にデータ照会をし、過去の借り入れ額と借り入れ件数などの情報とともに、その返済状況も細かく調べられ、その時にブラックリスト入りしているような金融事故が業者側に伝わります。そういった情報が掲載されている個人信用情報機関は3つあり、それぞれの機関に加盟しているかどうかは業者によって異なり、1つの情報機関にしか情報提供していないところもあれば、3つ全てに加盟して全ての情報を把握できる状態になっているキャッシング業者もあります。1つの情報機関にしか加盟していない業者であれば、そことは違う情報機関へ加盟している新たな業者へ申し込めば、情報機関が違うのでその情報がチェックできない可能性はあります。

しかし、業者によってどの情報機関へ加盟していているのかは申し込み前でわからないので、どこの業者を狙うかの判断基準とすることはまず難しいかと思います。さらに、ブラックリスト入りするような金融事故の情報はその3つ全ての業者へ情報共有されてしまうことがほとんどのようですから、ブラックになってしまっている人はなかなか厳しいかもしれません。

情報機関のデータを照会できないように工夫するよりは、そのブラック情報が見られてもキャッシングを受けられる業者を探したほうが得策でしょう。ブラックの人でも融資してくれる業者があります。
ブラックでも借りれる業者は中小規模のキャッシングであり、ブラックの記録が過去にあっても、過去ではなくていまの状態をみて評価してくれるので、きちんとした職業へついていて定期的に収入がある人であれば貸し付け対象としてみてくれます。その明確な審査基準もまた中小規模のキャッシング業者内であってもそれぞれ違うので、どの業者へ申し込むかでキャッシングを受けられるか受けられないかも変わってきますし、慎重に選ぶべきではあります。その基準はホームページで明かされていたりもしないのでなかなか知る術がありませんが、ブラックでも審査しますとうたっている業者もありますから、そういった業者でしたら借り入れできる可能性は高くなります。

きちんと貸金業法にそった営業をする健全な業者であれば審査は行われますから、誰でもキャッシングできるわけではありませんが、中小の業者であれば大手の業者よりも借り入れできる可能性が高いです。

キャッシングでブラックになってしまうと、新たに業者からキャッシングを受ける為に審査申し込みをしてもなかなか通過しづらくなってしまいます。それまでは問題なく借り入れできていても、ブラックリスト入りしてしまうとその情報は各個人信用情報機関で共有されてしまいますから、今まで取引をしたことがない業者であってもその情報は知れ渡り、審査の結果に大きく影響してきます。大手の消費者金融ほど、ブラックの人にはキャッシングをしないという決まりにしている事も多く、大手のどこへ申し込みをしても審査通過できずにもうキャッシング自体を諦めてしまっているブラックの人もいるでしょう。

しかし、大手ばかりが消費者金融の全てではありませんから、まだ申し込みをしていない業者があるのではないでしょうか?全国に約2000社ほどのキャッシング業者があると言われていますから、その全てを申し込んだ人もいないでしょう。恐らくまだブラックの人でも融資をしてくれる貴重な業者に出会っていないだけかと思います。その審査基準は各金融業者によって違いますから、ブラックに厳しい業者があれば、ブラックでも審査対象としてみてくれる業者もあるのです。

審査で落ちてしまってもその原因は教えてもらえないので、自分がブラックリスト入りしてしまっていることが理由なのか、あるいはその他の条件が合わなかったのかもわかりません。しかし、今まで申し込んでいた業者が大手なのであればほとんどの理由はブラックリスト入りしていたからでしょう。
大手ではない中小規模の消費者金融であればブラックの人も対象として審査を行ってくれます。その度合も業者によってそれぞれ決められていますから、ブラックリスト入りした原因も様々でしょうから、一括りにブラックリストといっても審査で問題ない人と、審査落ちしてしまう重度と判断される人もいます。ブラックリスト入りする原因は主にまず長期延滞によるものがあげられます。いまブラックの記録が残っているが既に完済している人はほとんど問題なく借り入れできる可能性がありますが、まだ現在も延滞中である人はなかなか借り入れがさらに難しくなります。ただし、いま現在できちんと収入が定期的に入ってくる人であればまだまだ借り入れできる可能性はありますから安心してください。

ブラックの人が借り入れするにはこの業者選びが重要になります。業者選びをあまりせずにブラックの人に厳しい審査をする業者へばかり申し込んでいても、それはもちろん時間と手間が勿体無いです。
きちんとブラックの人も借り入れしやすい業者を選んで申し込みを続けていれば、必ずキャッシングできる業者というのはありませんが、その中でもあなたの条件にあった業者は見つかるはずです。

キャッシングを受ける為には審査を通過する必要があり、ほとんどの金融業者では審査が必ず行われます。
貸金業法の規制によって、個人の借り入れ額は年収の3分の1を超えてはいけないという法律があり、この金額を越えての融資は罰せられることになっています。この借入額は今まで利用してきた融資全てが含まれますから、多重債務の人に対してはその金額も調べる必要があります。その為に参考となるのが他社の借り入れ情報が記録されている個人信用情報機関です。

この個人信用情報機関は3つあり、それぞれ加盟している金融業者が違います。しかし、だいたいの金融業者はこれら3つ全てに加盟していたり、ブラックリスト入りしているような記録はこれら情報機関それぞれで情報共有されていることがほとんどのようですから、誤魔化しがききません。ごく稀に1つの情報機関からしかデータ照会をせず、今までその申し込み者が違う情報機関へ記録を残していた金融業者なのであれば、その情報が見つからないこともあります。ただし、その可能性は低いので、やはりきちんと申し込み時の情報などでは借り入れ額を低く申告したりする事はやめましょう。

この情報共有によって、借り入れできていない人も多いです。この情報や審査の段階でかなり重要な情報として参考とされていますから、審査結果に大きく影響してきます。特にブラックリスト入りと呼ばれるような金融事故があると、各社には情報が共有され、一気に借り入れが難しくなります。キャッシングを断られる理由はいろいろありますし、その業者によって審査基準は違うのですが、ブラックリスト入りしている人に対してはほとんどの業者で融資をしないという決まりになっている事が多いですから、審査に落ちてしまいます。人気のキャッシング業者ほど、こういった傾向が強く、ブラックの人はほぼ100%審査通過する事ができません。

ブラックとなる理由はまず、支払いの遅れがあります。過去にキャッシングやクレジットカードなどを利用し、支払いに遅れた記録はこの信用情報機関へ記録され、長期の延滞であれば各情報期間でデータ共有されてしまうようです。支払いが遅れた経歴のある人に対して、また新たにキャッシングをするというのは再発の可能性がありますから、業者側もやはり慎重になります。ただし、業者によってはそれは過去のことだからと、あくまで今現在のそのほかの情報から審査を導き出し、評価する方針としている業者もあります。過去に延滞があったりしても、いま安定した収入があればキャッシングを受けられるのです。
他にもブラックとなる原因はいろいろありますし、申込者それぞれ収入額なども違いますし、そもそも業者側も審査基準でどこを重要視するのかや収入がいくら以上必要なのかも違いますから、自分の状態にあう業者さえ見つけられればキャッシングは可能なのです。

↑このページのトップヘ