ブラックでも借りれるキャッシング業者比較

延滞、自己破産、債務整理、代位弁済などでブラックリスト入りしても借りれる借りれるキャッシング業者を比較してみます

キャッシングを受ける為には審査を通過する必要があり、ほとんどの金融業者では審査が必ず行われます。
貸金業法の規制によって、個人の借り入れ額は年収の3分の1を超えてはいけないという法律があり、この金額を越えての融資は罰せられることになっています。この借入額は今まで利用してきた融資全てが含まれますから、多重債務の人に対してはその金額も調べる必要があります。その為に参考となるのが他社の借り入れ情報が記録されている個人信用情報機関です。

この個人信用情報機関は3つあり、それぞれ加盟している金融業者が違います。しかし、だいたいの金融業者はこれら3つ全てに加盟していたり、ブラックリスト入りしているような記録はこれら情報機関それぞれで情報共有されていることがほとんどのようですから、誤魔化しがききません。ごく稀に1つの情報機関からしかデータ照会をせず、今までその申し込み者が違う情報機関へ記録を残していた金融業者なのであれば、その情報が見つからないこともあります。ただし、その可能性は低いので、やはりきちんと申し込み時の情報などでは借り入れ額を低く申告したりする事はやめましょう。

この情報共有によって、借り入れできていない人も多いです。この情報や審査の段階でかなり重要な情報として参考とされていますから、審査結果に大きく影響してきます。特にブラックリスト入りと呼ばれるような金融事故があると、各社には情報が共有され、一気に借り入れが難しくなります。キャッシングを断られる理由はいろいろありますし、その業者によって審査基準は違うのですが、ブラックリスト入りしている人に対してはほとんどの業者で融資をしないという決まりになっている事が多いですから、審査に落ちてしまいます。人気のキャッシング業者ほど、こういった傾向が強く、ブラックの人はほぼ100%審査通過する事ができません。

ブラックとなる理由はまず、支払いの遅れがあります。過去にキャッシングやクレジットカードなどを利用し、支払いに遅れた記録はこの信用情報機関へ記録され、長期の延滞であれば各情報期間でデータ共有されてしまうようです。支払いが遅れた経歴のある人に対して、また新たにキャッシングをするというのは再発の可能性がありますから、業者側もやはり慎重になります。ただし、業者によってはそれは過去のことだからと、あくまで今現在のそのほかの情報から審査を導き出し、評価する方針としている業者もあります。過去に延滞があったりしても、いま安定した収入があればキャッシングを受けられるのです。
他にもブラックとなる原因はいろいろありますし、申込者それぞれ収入額なども違いますし、そもそも業者側も審査基準でどこを重要視するのかや収入がいくら以上必要なのかも違いますから、自分の状態にあう業者さえ見つけられればキャッシングは可能なのです。

大手のサラ金業者からはブラックの人が借りれず、もう手持ちの現金でしか生活できないと諦めてしまっている人も少なくありませんが、まだ諦める必要はありません。
ブラックの人でも借りれるキャッシング業者は存在します。

ブラックで審査落ちしてしまった人も、まだ申し込みをしていない業者はありませんか?
大手の消費者金融ばかりへ申し込んでいても、もともとブラックへは融資をしないという方針であることが多いのでそれは融資を受けられなくても当然かと思います。それを大体的には公表していないので、ブラックでも融資をうけられるのではないかととりあえず審査を申し込んでみるわけですがほとんどの100%の確率で審査には落ちてしまいます。

キャッシングを受ける際にはいろいろと、金利や、融資にかかるまでの時間が早いなど気になるポイントも多いですが、ブラックである人はまず審査を通りやすい業者というのを気にするべきでしょう。

その際の判断基準としてやはり参考になるのがインターネット上の口コミ情報です。
ブラックでも借りれた
対応がよかった
などの情報も実際にあがっていますが、その信憑性には疑いの部分も確かにあります。特に社名などを具体的に載せている場合には、その会社へ誘導するために書かれた関係者による記事の可能性もありますから注意が必要です。

口コミを何個もみているとわかることですが、大手の消費者金融ではブラックの人にとってかなり厳しい審査となるようです。ブラックの人が借り入れするには大手はあえてはずして申し込みをしたほうが無難です。大手以外の業者を調べているとあまり聞き覚えのない業者であることがほとんどですから、キャッシング業者の悪いイメージもあってどうしても怪しいと感じてしまうこともありますが、きちんとした法律に基づいた営業をしている業者が多くあります。

実際にブラックの人が借り入れするときには審査に、普通の人よりも時間がかかってしまったり、融資の額が少なくなってしまうこともあります。しかし、借りれる業者があることは本当に助かる存在です。
今まで融資を受けられずに困っていた人も、大手以外の業者へ視野を向けて業者選びしてみてください。ブラックであっても借り入れできる業者は存在します。

急にお金の支払が必要となったシーンで、どうしても現金を用意できないことはあります。給料日までまだ先立ったり、それまでに急な出費続きでどうしても収入と支出のバランスがとれずに支払いのほうが多くなってしまうケースもあります。

ブラックリスト入りし申し込みをしても審査落ちが続いてしまう人もいます。キャッシング業者側からすれば過去に金融事故を起こしている人に対して、また自社のキャッシングでも貸し倒れされてしまうリスクがあるのにまた貸し出しをするというのはあまり得策ではなく、できることならきちんと返済能力がある人だけに絞って確実なやり取りをしていきたいと考えるはずです。

しかしキャッシング業界は全体的に厳しい経営を強いられています。法律の改正によって消費者が多重債務を抱えないように配慮されたのですが、その分、業者側としては利息が今までよりも少なくなり、その分を回収する為には多くの顧客を囲い込み、融資の対象となる人数を増やす必要があるのですが、その貸付対象となる人数自体も法律の規制によって少なくなってしまったのです。この状態でキャッシング業者が今後も運営を続けていく為にはその審査基準を多少でも低く設定し、今まではお断りしていたような審査基準となっていた人に対しても貴重なお客さんとして融資をする必要が出てきました。
これによって、ブラックでも借りれる、審査が甘めになった業者があるのです。

審査基準以外にも、他社よりも自分のところでキャッシングをしてほしいですから、その為の努力として、業者側でも即日キャッシングを実現しているところも増えてきました。出費が急にでてしまい、気づいたら融資が必要だという場面もありますし、それほど急いでいなくてもスピード審査で結果が素早くわかり、すぐに現金が手元に入るサービスは誰にとってもメリットあるものだと思います。以前からそういった要望は常々、利用者のなかにはある願望ですから、これに対してきちんとしたシステムを用意して少しでも他社より早く審査判断をして融資する努力する必要が業者側にはありました。

今までは大手の特権でもあったスピード審査&即日融資ですが、いまでは中小規模の消費者金融であっても即日融資を可能としている業者は増えてきています。
ますます利用者にとっては利用しやすくなっている部分もあります。ブラックの人にとってもまだまだ借り入れできる業者が選択肢として残されていることは希望の光ともなります。どうしても現金が必要な場面もでてくるだろうと思いますが、こういった場合でもキャッシングは強い味方となってくれるでしょう。

↑このページのトップヘ