ブラックでも借りれるキャッシング業者比較

延滞、自己破産、債務整理、代位弁済などでブラックリスト入りしても借りれる借りれるキャッシング業者を比較してみます

カテゴリ: ブラックでも借りれるキャッシング 中小

ブラックの人がキャッシングを受けることはなかなか簡単にはいきません。すでに申し込みをした事がある人はわかると思いますが、審査の時にほとんどの業者から融資を断られてしまいます。ブラックの人に対して融資をしてくれる業者というのはあまり多くなく、申し込む先々で審査落ちになってしまう人も多いです。
ブラックリスト入りしてもなにか通知が届いたり、連絡があるわけでもないので、知らず知らずのうちにブラックになってしまっている人もいるかと思いますが、心当たりはあるはずです。支払いを長期延滞している、あるいは自己破産の手続きをしたことがある、あとは申し込みを複数社に短期間でしているとブラックリスト入りの扱いとなることもあります。
ブラックリスト入りすると一気に借り入れが難しくなり、どこの業者へ申し込んでも審査落ちになってしまうという事があります。その時点になってやっと自分がブラックリスト入りしてしまったと気づく人も多いですし、その事の重大さや、ブラックになると借り入れが難しいという事実にやっとぶつかって気づく事もあると思います。
そんななかでもブラックの人に対して融資をしてくれる業者も一部ですがあります。中小規模の業者にそういった傾向があり、ブラックの過去がある人でもきちんと審査をしてくれて融資を受けられます。一方で大きなキャッシング業者ではブラックの人はほぼ門前払いのような対応をとられます。中小の業者であれば過去にブラックリスト入りとするような金融事故を起こした人であっても審査対象とし、きちんと現在の収入状況などをみて判断してくれます。
中小規模の消費者金融でも大手とほとんど差はありません。キャッシング業界全体でお客さんの奪い合いになっていますから、大手と差がでないように中小の業者も様々な好条件を揃えています。その一環として審査のハードルを下げて1人でも多くのお客を獲得しようとしているのです。

ブラックでもキャッシングで借りれる中小の消費者金融があります。
なかなかブラックになってしまうと新たにキャッシングを受けることが難しくなってしまいますが、全部の消費者金融でキャッシングを断られてしまうわけではありません。ブラックには融資しない業者もありますが、審査の上でブラックであっても貸し付けしてくれる業者もあります。

審査の際には申込者の個人情報を元にデータ照会をし、過去の借り入れ額と借り入れ件数などの情報とともに、その返済状況も細かく調べられ、その時にブラックリスト入りしているような金融事故が業者側に伝わります。そういった情報が掲載されている個人信用情報機関は3つあり、それぞれの機関に加盟しているかどうかは業者によって異なり、1つの情報機関にしか情報提供していないところもあれば、3つ全てに加盟して全ての情報を把握できる状態になっているキャッシング業者もあります。1つの情報機関にしか加盟していない業者であれば、そことは違う情報機関へ加盟している新たな業者へ申し込めば、情報機関が違うのでその情報がチェックできない可能性はあります。

しかし、業者によってどの情報機関へ加盟していているのかは申し込み前でわからないので、どこの業者を狙うかの判断基準とすることはまず難しいかと思います。さらに、ブラックリスト入りするような金融事故の情報はその3つ全ての業者へ情報共有されてしまうことがほとんどのようですから、ブラックになってしまっている人はなかなか厳しいかもしれません。

情報機関のデータを照会できないように工夫するよりは、そのブラック情報が見られてもキャッシングを受けられる業者を探したほうが得策でしょう。ブラックの人でも融資してくれる業者があります。
ブラックでも借りれる業者は中小規模のキャッシングであり、ブラックの記録が過去にあっても、過去ではなくていまの状態をみて評価してくれるので、きちんとした職業へついていて定期的に収入がある人であれば貸し付け対象としてみてくれます。その明確な審査基準もまた中小規模のキャッシング業者内であってもそれぞれ違うので、どの業者へ申し込むかでキャッシングを受けられるか受けられないかも変わってきますし、慎重に選ぶべきではあります。その基準はホームページで明かされていたりもしないのでなかなか知る術がありませんが、ブラックでも審査しますとうたっている業者もありますから、そういった業者でしたら借り入れできる可能性は高くなります。

きちんと貸金業法にそった営業をする健全な業者であれば審査は行われますから、誰でもキャッシングできるわけではありませんが、中小の業者であれば大手の業者よりも借り入れできる可能性が高いです。

↑このページのトップヘ